セミナー

摩擦と摩耗のメカニズム ~工具とワークの間で起きていること~

2017年9月5日

切削加工や塑性加工は、工具をワークに接触させて運動させることで削ったり変形させる加工方法です。このように、工具とワークがこすれあって仕事をする以上、摩擦が引き起こす工具界面での現象が、発熱や工具摩耗など全ての加工現象に発展していくため、加工品質に関わる鍵を握っているといえます。

工具界面で起きている現象(摩擦と摩耗=トライボロジー)を理解して高品位な加工を実現するため、千葉工業大学の平塚先生を講師にお招きし、詳しく解説していただきます。

多くの皆様にご参加いただきますよう,ご案内申し上げます。

 

■日 時  平成29年9月28日(木)13:30~15:30

■場 所  長野県工業技術総合センター 精密・電子・航空技術部門

       4階 視聴覚セミナー室 (岡谷市長地片間町1-3-1)

■主 催  長野県精密加工技術研究会

■講 師  千葉工業大学 工学部教授 平塚健一先生

■参加費  会員:無料  非会員:3,000円

■申込期限 9月26日(火)

 

※詳細は「トライボロジー講習会案内」をご覧ください。